食に関するキーワードを五十音順を手掛かりに、3人がリレー形式で綴るページ本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本 本

2010年03月02日

も:桃の節句(節供)

次項有Sかわいいドイ

 上巳の節句というより、桃の節句というほうが一般的に通りがよいですし、その呼び方のほうが馴染み深いですね。

 古来より、女性の穢れを祓う行事として毎月巳の日に行われていたものが、3月3日に定められたものですから、水をイメージするお干菓子や女性をあらわす様々な食べ物が供されますね。

 雛人形に関するお話も数々ありますが、かなり長くなるので、これはまた別口でぴかぴか(新しい)
 うちの雛人形は私より先にアメリカに嫁しました飛行機。おひなさんの嫁ぎ先のアメリカのお宅では赤毛氈に、ガーデンパーティー風にくつろいで飾られておりわーい(嬉しい顔)それもそれで一興でした。

 以前、大学時代の友人を招いて桃の節句をテーマに“オーexclamation×2モモパーティーぴかぴか(新しい)”なる、桃色づくしのパーティーを企画したことがありました。
 テーブルセッティングからお料理、お菓子、飲み物に至るまで、全てピンクを取り入れ工夫して作りましたひらめき。そして、ゲストもモモをイメージするアイテムを必ず身に着けてくるというお約束もしてわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
 
 パーティーというとクリスマスやお誕生日、記念日というのが定番みたいになってますが、年を重ねると、特に誰が主役でもなく集まる名目として、桃の節句は結構いいものです。オナゴがみんな主役で、それも
なんたって乙女色の“モモ”色が使えるんですもの。

 オノコバージョンで五月五日してみてほしいものです。そこへオナゴが乱入exclamation&questionというのも今の草食男子、肉食女子の光景を見ているみたいで想像するだけでも楽しいわわーい(嬉しい顔)


posted by 土井茂桂子 at 00:58| ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。